Uberのってみた

いまさらUberである。

念のためUberとは自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリのことだ。ユーザーからしたらタクシーみたいなもんだ。会社が赤字だろうが創業者が人間的にあれだとかは関係ない。使ってみたら想像以上に便利だったからしょうがない。

  • 配車が簡単
  • 行き先も簡単
  • 料金もほぼ明瞭
  • こどもは注意

配車が簡単

スマホにアプリをいれて登録したらすぐ使える。アプリを開いたら地図が表示される。GPSで自分の居場所を勝手に把握してくれて付近にいる車を地図上に表示。地図を車がうにょうにょ動いている絵をみているだけで便利な世の中になったもんだと思う。

特に秀逸なのは配車が決まったら地図上で車が向かってくるルートが表示されて、車がどこにいるかを表示してくれること。しかも地図上の車がリアルタイムに動く。タクシー呼んでもどれくらいで到着するのか不明で悶々とすることがあるが、そんなことは全くない。待ち時間のエンターテイメントになっている。車が来たら、本当に来たよと嬉しくなってしまう。

行き先も簡単

行き先はアプリで既に登録済みだから何の問題もない。海外でタクシーに乗るときに不安なことは行き先をちゃんと伝えることができるか。国内でも行き先がうまく伝わらないことがあるのに外国語で行き先を伝えることは至難の技。本当に伝わったか不安になる。

Uberでは配車時点で行き先も登録しているし予定走行ルートも表示されたうえで料金が提案されている。乗車中も地図に表示されたルートを車のアイコンが移動していくので、見知らぬ土地を変な方に走っているのではないかと言う疑念もわかない。実に安心。

料金もほぼ明瞭

これまた配車時点で料金が決まっていて、わかった上で乗車するので不安は少ない。海外でタクシーに乗ったらメーターたおさないで割高な料金請求されるなんてことが不安になるが、そのようなことは起きようがない。なぜならメーターないんだもん。

支払いもアプリ上で完結しているから、おつりがちゃんともらえるかの心配もない。チップをどうしようかと悩むこともない。払わないでそのまま降りるから。(払うものなんでしょうか?)

税金が上乗せされた結果、思ったより支払額が多くて戸惑うこともあるから、そこまで最初から表示してほしいものだとは思う。

実際のところタクシーと比較して安いかどうかは何とも言えない。時間帯によってはUberは割増料金を請求してくるし(タクシーもそうか?)、極めて安いとは思えない。むしろ、ちょっと高いけど便利だから使ってしまうかなという印象。

こどもは注意

タクシーじゃないのでチャイルドシートが必須の地域では乗車拒否されてしまう。Uberドライバーさんもチケットは切られたくないですもんね。あやうく私も乗れないところだった。たまたまチャイルドシート持ってましたけど。

安全性?

重大犯罪に巻き込まれる可能性はタクシーだって同じでしょう。見知らぬ人の車に乗るわけですから。会社に雇用されていることは犯罪に走らない保証となりません。どんな会社でも一緒。

むしろドライバー評価がアプリに表示されるUberドライバーさんは高評価を獲得するために下手なことはできない。うっかりネガティブ評価をもらってしまったら、自分が選んでもらえなくなるからだ。自分の名前で仕事しているぶん、会社雇用で多数の中の一人として仕事しているドライバーより安心かもしれない。

どうやらユーザーも評価されているらしい。私の評価はどうなりましたでしょうか?チップ払わなかったから低いかな?

日本では?

ご存知のように白タクに該当すると判定されてサービス提供できていない。日本のタクシー業界はこれまでのところUberの脅威から守られた形になるが、Uberは世界中でタクシー会社を潰している。本当に顧客へ付加価値を提供できているか注意していないと医療業界だって危ない可能性は日々感じる。日本でも遠隔診療いきなり解禁されちゃったし。

個人的には、食事を運んでくれるUbereatsの今後が楽しみです。今度利用してみるかしら。