整形外科医がデスク周りに揃えたいアイテム3選

アナログな三種の神器も大事ですが、デジタル時代に即した装備が必要です。そこで整形外科医の新三種の神器を独断でセレクト。まったく整形外科医である必要のないセレクトなのはご愛嬌。

外付けモニター

パソコン画面が一つでは作業スペースが限られます。効率よくストレスなく仕事を進めるためには外付けモニターは最低1つは必要です。できれば縦になるモニター(ピボット機能付き)が良いです。A4の書類をスクロールせずに見れるのは想像以上に便利です。

バイオメカをやる友人は6モニター体制でトレーダーと呼ばれていました。まさに整形外科医!!

スキャンスナップ+plus裁断機

え?スキャンスナップを知らない?そんなことはないですね。スキャナーです。本当に便利かなと導入を悩んでいる貴方、すぐ買いましょう。初めて使った時はあまりの快速スキャンに片面スキャン?と疑ったほどです(ちゃんと両面スキャンされてます)。スペースがない方はコンパクト版を導入しましょう。ただしコンパクト版は自炊には不向きです。

スキャンスナップを導入するなら裁断機も一緒に購入するのが吉です。上から一気にガッチャンとギロチンする裁断機が割面が綺麗でよろしい。PLUSの裁断機を買った時は切れ味の良さに感動して無駄に自炊していました。素晴らしい。

高機能椅子

まだ、そんな椅子で仕事してるんですか?いつまでたっても安い仕事しかできませんよ!高機能椅子でバリバリ集中して仕事しましょう。私はヘッドレスト付きを使ってましたが必ずしもいりません。休む時は休む場所へ。ワークチェアは仕事用です。

アーロンチェア

最後まで悩んで見送った最強の椅子。外勤先の診察室に設置してあった。快適すぎる。次買うならこれしかない。少々うるさかった大塚家具のセールストークも座ってみると本当だった。色々なオプション、モデルがある様子。

バロンチェア

岡村製作所の至高の椅子。大きなヘッドレストの誘惑に負けてアーロンチェアではなく本椅子を選択しました。確かにヘッドレスト良い。まあ集中して仕事している時にはヘッドレスト不要ですけどね。リクライニングも快適です。仕事に集中かつたまには背伸びしたい人に最適。まったくへたりません。

スピーナチェア

脊椎外科医はマストバイです。その名も背骨椅子。見た目も美しく座り心地も新感覚でワンダフル。私がバロンチェアを購入した時は未発売だったけど、お店で座るとニンマリ笑ってしまうレベル。同僚に自信を持って勧めたところ大変満足していました。

まとめ

道具にこだわることも努力の一つです。(by 友人T)