留学しちゃった医者の英語勉強ー息子とお喋りしたい

いつかの先輩の言葉が近頃よく頭に浮かびます。

「アメリカ行っても喋れるようにならんよ。
おれ、本当にアメリカ行ったのかな・・」

ここでは誰も僕に話しかけてくれません。
(だって相手は細胞かマウスだから)

英語の国、カナダの・・・その空気を吸うだけで
僕はペラペラになれると思っていたのかなぁ。

息子の言葉が聞き取れない

最近の悩みは6歳の息子がとっさに話す英語が聞き取れないことです。息子は座学で英語を学んだことがないので話す言葉は全て活きた英語です。学校で友達とやりとりしながら身につけた英語には学ぶところが多々あります。ただ興奮してきて英語でまくし立てられると(といっても今のところ数フレーズですが)、親の僕がポカーンとなってしまい、もう一度言ってみてとお願いすることになるのです。

そんな息子もカナダに来るまでは全く英語がしゃべれませんでした。親の都合でいきなり英語の国に連れてこられて、現地の学校にポイっと投げ込まれて大変だったと思います。幸い担任の先生は英語がわからない子供に慣れており、3ヶ月もすれば問題なく喋り始めるよと言ってくれていましたが正直なところ疑心暗鬼でした。

しかし子供の適応力には驚くばかりです。しばらくは大丈夫かなと息子のことを心配していましたが、1、2ヶ月もすると徐々に日常会話の中に英語が出て来るようになってきます。問題なくしゃべれているかどうかはわかりませんが、学校の送り迎えで友達と遊ぶ様子を見るには大丈夫そうです。

むしろ今は息子の日本語が心配になっています。基本的な日本語単語が出てきにくいのです。「僕のtummyがhurtsしてる。」なんて言ったり、手を見ながら「えーっとHandsって日本語でなんだっけ?」と聞いてきたりしてます。妻はルー化(ルー大柴化)とよんで、親が英語と日本語を混ぜて使わないようにと注意しています。

留学中の英語環境

現地にいたら勝手に上達するんじゃないの?と淡い希望を持っていましたが全くそんなことはなかったです。どうにか生活できるレベルから上達がないのです。考えてみれば日本にいてもやたらめったら他人に話しかけて生きていません。英語の国に来ても同じで会話のチャンスなど降って来ません。むしろ言葉が聞き取れないので無意識に耳栓しているようなもので、街を歩いても英語は耳に入ってこないのです。

職場での学びも少ないです。基礎研究をしに来ているので仕事自体は英語が話せなくてもおおむね回ります。ミーティングでは仕事の進行状況をカタコトで伝えれば、どうにか理解してもらえます。研究についてのアドバイスはあっても、英会話学校のようにカタコト英語を訂正してくれることはありません。英語が苦手な僕に積極的に雑談してくれる奇特なひとはいません。仕事中の雑談力は女性の方が強いかと思います。

ちなみに、私の所属する小さなラボには英語が母国語の人は一人もいません。イタリア人、ケッベク人(フランス語)、レバノン人(アラビア語)、中国人、日本人(私)と多国籍なものです。全く問題なく英語でコミュニケーションが進んでいます。唯一、普通に英語が聞き取れず、しゃべれないのが日本人の私です。必要な時にしかしゃべらないでいると、一言も英語を発することなく職場から帰宅することすらあります。

そして家に帰ればそこは日本です。日本人の家族がいて家庭内言語は日本語です。毎日、象印の炊飯器からホカホカの白ご飯が炊き上がります。棚を開ければ、永谷園のお茶漬けストックがあります。スマホをいじればYahooニュース(もちろん日本版)を開き、日本のニュースを確認する。まったく海外にいる実感のない生活です。

私の英語学習計画!

「禁煙なんて簡単だ、私は何度もやっている。」と言ったのが誰かは忘れましたが。英語の勉強も一緒です。私も何度もやっています。様々な英語の教材を買ってみては、英語教育業界に養分として大いに貢献して来ました。そうです。何度もやっているのです。

英語が身につかなかった理由はゴールが曖昧で継続できなかったことでしょう。明確な必要性もないのにTOEICやTOEFLの勉強なんか手をつけてみても僕の性格では無理でした(USMLEは初めから眼中になし)。今回は目標は比較的はっきりしています。スムースな日常会話です。

方法として語学学校に通った方が良いのでしょうか?当地の大学には留学生向けの語学コースが5時以降に開催されており利用している友人もいます。受講料をラボからサポートしてもらっている人もいるようです。ただ、共働き世帯では5時以降が一番忙しいのでとても無理です。

やはり日本でもできる勉強を英語の国でやることが現実的です。日本でもできる勉強でも、英語の国でやればきっと効果も高いはず。

スタディサプリEnglish

やはり、お手軽に英語を学ぶならばアプリが良いでしょう(此の期に及んでお手軽になんて言っている)。”Duolingo” や “iKnow!” など有名なアプリがいくつかありますが、今回私が選んだのは”スタディサプリEnglish”。どうやら評判も良さそうで、どこぞのレビューでは飽きっぽい人にもオススメとのこと。まさに私向けです。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!



瞬間英作文シリーズ

名前は以前から知っていましたがついに手を出します。Amazon.jpから輸入します。実際に日常会話を行おうとすると言葉が出てこないことをひしひしと感じます。中学生の時に詰将棋を楽しんでいる友人に「同じ局面でて来ることなんてないんじゃね?」と聞いた時に、「そうかもしれないけど、詰将棋が解ける人と解けない人は、実力が違うでしょ」みたいなことを言われた記憶があります。そうです。トレーニングするしかないのです。

 英語学習のKPIはなに?

日本での英語の勉強の難しいことは手応えが得られにくいことでした。半年に1度TOEICを受験するなどとやっていれば良かったのかもしれませんが、そんな元気もありませんでした。いまは英語の国にいます。きっと勉強したら英語力の向上は実感できるはず。

とりあえず、来月から頑張ろう!