カナダで娯楽用大麻解禁:マリファナ思い出話

去る2018年10月17日よりカナダで大麻が解禁されました。大麻の取り締まりにかけていたコストをなくし、逆に大麻から税収を得ようというお話です。現実的な方策として理解できますが、これまで犯罪として取り締まっていたものが急にOKになるというのもなんだかなーと不思議な感がぬぐえません。

大麻の成分がどうとか依存性がどうだとかについては、知識がないので詳しくは触れません。ただタバコみたいに燃やしたもの吸えば、そりゃ呼吸器に悪影響があろうことは間違いないでしょう。アイコスみたいに加熱したり、大麻成分のはいったオイルなどを経口摂取したり、はたまた製剤化された大麻成分を楽しむことに関しては害は少なそうです。

カナダに住んでいるわけですがSNSのタイムラインに流れるニュース記事などでは一夜の盛り上がりを見せました。いよいよ明日解禁ですよーの話題から、合法大麻を最初に買ってヒャッハーしてる人の映像が流れてきます。・・・おいおい、大麻買ってヒャッハーできるってことは今までも大麻やってましたよって宣言してるようなもんだろ。嬉しそうにテレビに映ってていいのか?といらぬ心配をしたほどです。まあ、それくらい北米では大麻は身近なのでしょう。

思い起こせば大学時代、まだ治安の比較的ましだったメキシコをバックパッカー的に一人でぶらぶら遺跡巡りをしていたとき、とある街で入ったドミトリーの相部屋のにいちゃんがビニール袋いっぱいに入った草を持っていました。Japanese boyもやるか?と言われましたが、あまりにも怪しいので遠慮したのがファーストコンタクトだったと思います。やってれば実体験が話せたものを。

某友人はオランダでマリファナをためしたら、ただのテレビコマーシャルが超絶ハッピーに思えてきてて最高に幸せで笑えてたと言っていました。大袈裟なことを言う奴でしたが、そんな一面も薬理効果としてあるのかもしれません。とあるサーファーの知人は、まあマリファナやってる奴も身近にいて一服させられたことはあるけど別に大したことはなかったとも言っています。摂取量の差があるのでなんとも言えませんね。

せっかく解禁されたのに自分の周りでは全く話題になりません。基本的に細胞やマウスとしかおしゃべりしていないせいかもしれませんが、研究機関に所属するような人種はマリファナにあまり興味はない人たちなのでしょう。

とはいえ大学から注意喚起の連絡は届きました。曰く、

1. 大学などの施設で大麻をやるのは州法で禁じられてるよ
2. どんな形態の大麻もキャンパスではダメだよ
3. キャンパス内で所持しているのはいいでしょ。しっかり管理しておけよ。
4. 未成年者の学生は所持もダメよ
5. 生の大麻草は持ってちゃダメよ
6. キャンパス内で栽培すんなよ。売り買いもだめよ。
7. 違反したら処罰すっからな
8. 研究目的には許可できるけど規則に従えよ

まあ、そりゃそうでしょうよ。

日本国領事館からもご丁寧に案内が来ました。要点はこれ。

1. 日本では大麻の所持・譲受等は違法とされ、処罰の対象となっているからね。
2. 日本国内だけじゃないよ。海外でやった場合でも処罰されることがあるよ。
3. 在留邦人や日本人旅行客の皆さーん、日本国外でも大麻に手を出したらダメだからね。

実際の購入経路としては店舗だけでなくネット販売もあるそうです。しかし需要に供給が追いつくのにはまだ時間がかかりそうとのことで、しばらくは品薄が続くでしょう。もともと非合法で商売をしていた人たちにとってもマリファナの間口が広がるので必ずしも悪い話ではなさそうです。品質や価格競争力で、公営?認可?の販売所が民営の闇市に勝てるかどうか見ものです。

日本でのマリファナの浸透度を知らないのですが、肌感覚的には日本での娯楽大麻解禁はまだ時期尚早と言えるでしょう。