カナダの乾燥

ジンジャーエールの話じゃありません。気候の話です。

住んで実感

冬時間になり寒くなって来たカナダ生活。もう一つ感じるのは極度乾燥。Superdryな気候です。梅雨がないのは素晴らしく快適だなと感じますが、そもそも気温が30度とかまで上がらないので不快感への影響はよくわからなかったのが本当のところ。

ただ生活していると日々のちょっとした出来事からSuperdryを感じます。例えば、ポテチが湿気ない。袋を開けて何日経ってもパリっとしている。北米に対する偏見のある私は何か怪しい化合物で湿気を防いでいるのではと勘ぐるほど湿気ない。でかい袋で売っても大丈夫なわけだ。実に乾燥している。

予算の都合で我が家はマットレスを床に直に敷いています。本当はベッドの上などに置きたいわけですがベッド代も馬鹿にならないのです。そのマットレスの下が、これまた湿気ない。当初は簀の子をしいたほうが良いかなと思っていましたが、湿気対策としては全く不要。実に乾燥している。

さらには、お風呂の結露がみるみる取れる。冬にお風呂の湯気が当たった鏡の結露。なかなかとれませんよね。お風呂上がりに髭をそりたい肌弱メンとしては実に困った事態です。これがちょっとドアを開けていたら、じゃんじゃん取れる。鏡の下の熱線なんかいりません。実に乾燥している。

寝室加湿器2台体制

「加湿器は寝室に2台、リビングに1台ですよ。」当地に留学中の方から教えてもらった言葉です。またまたご冗談を、どれだけお肌ぷるぷるを求めてるんですか。と内心思っていましたが本当でした。ついに観念して2台目を導入してしまった。

我が家では4,000円クラスの加湿器を寝室に1台置いていましたが太刀打ちできず。部屋の中で加湿器がある側は比較的加湿されています。加湿器のある反対側はダメなのです。朝起きると鼻がカピカピになって喉が痛くなっている。インフルが蔓延するらしいこの国では我が身が危ない。

部屋の渇きに加湿器を。喉の渇きにジンジャーエール。

*カナダでもカナダドライは美味しいです。160ml缶が冷蔵庫ストックにベスト。